FEATURE

Brand Introduction: ENCENS

パタンナー集団から生み出される注目のブランド「ENCENS(エンソン)」。デザインを膨らませるための複雑な線は描かないというポリシーのもと、シンプルで高度なものづくりを実践している唯一無二のブランドです。

エンソンとは

真摯なものづくりとクリーンな装いを意識し、2020秋冬シーズンに満を持してスタートしたジャパンブランド「ENCENS(エンソン)」。通常のブランドと違うところは、代表者となるデザイナーがいないということ。ENCENSは複数の著名パタンナーが集結し立ち上げたブランドで、全員が外注パタンナーや自身のブランド運営という本職を持っています。

エンソンの考え方

ENCENSのポリシーは、「ネームバリューや高級な生地、腕の良い縫製工場で生まれた製品=“高い”という概念ではなく、経験や技術の考え方次第で“適正な価値で良質なものを生み出すことができる”」というもの。コレクションブランドや大手パターン会社で経験を積んできた目利きパタンナーたちがENCENSならではの新たな価値を生み出しています。

ENCENSのブランドタグには、その製品を担当したパタンナーのイニシャルが。
ファーストシーズンはネイビー1色のコレクションを発表。

エンソンの強み

一見シンプルなのに美しいシルエットやストレスのない着心地が魅力のENCENS。そこには無駄な装飾や非効率なカッティングは削り取られ、着る人の日常に溶け込むようにデザインに落とし込まれています。デザイナーではなくパタンナーという独自の目線で思い描いたイメージをそのまま線にできるため、よりコンセプトに忠実かつ鮮明なアイテムが作り上げられています。