FEATURE

Brand Introduction: REMI RELIEF

毎シーズン展開されているREMI RELIEFの定番アイテムは根強い人気で、未だに入荷後すぐに完売してしまうことも。製品のクオリティはさることながら、着続けることで経年変化を楽しめるというのもファンにはたまらないポイントです。

レミ・レリーフとは

古き良き時代のアメリカを表現したいという思いから、デザイナー後藤豊氏が2008年にスタートさせたファッションブランド。ブランド名の「REMI RELIEF(レミ レリーフ)」は、「REMIX=ミキシングし直す」と「RELIEF=取り除く」から成る造語で、ひとつひとつの工程に工夫を加えながら、余分なものは取り除いた結果「いいもの」が生まれるというマイスター(MEISTER)の思想が由来となっています。

ブランドコンセプトは「HIGH QUALITY OF LIFE」。量ではなく「質」を重視するという思いをもとに、糸・撚糸・編み立て・プリント顔料・加工と全行程にこだわりながら「究極のアメリカンベーシック」を追求しています。

レミ・レリーフの強み

REMI RELIEF最大の強みは、岡山県の児島に自社工場を構えていること。糸の染色から縫製、加工に至るまで自社工場で製作しています。

インディゴ糸を使用する場合には糸から染め上げます。
1点1点手作業によるプリント

レミ・レリーフのスペシャル加工

工場内には、こだわりの詰まったオリジナルのウォッシュタンブラーを導入。このタンブラーに製品とストーンを入れ、納得がいくまでグルグルと回し続けます。REMI RELIEFのヴィンテージ加工は薬品を一切使用しておらず、このような地道な作業の末に生まれます。

職人による手作業による加工

アメリカより輸入したスタッズは、加工を施し、職人が一点一点手作業で取り付けます。

古着と見間違えるほどの風合いが特徴

REMI RELIEFの顔ともいえるデニム製品は、古着と見間違えるほどの風合いが特徴。この加工は、職人の手作業による「擦り」で丁寧に時間をかけて仕上げています。

長く着続けられるように

すべての製品は、デザイナーの「長く着続けてほしい」との思いから、常に無償で修理を承っています。ボタン取れやほつれ等、修理のご依頼があればいつでもお問い合わせください。